北海道

■塾の事務バイトでの人間関係

"高校生活も終わり、大学に入った直後の数ヶ月間行ったのが塾での事務バイトでした。
そこでの経験はとても楽しい経験ではありましたが、最後は何とも言えない後味の悪いものでした。

バイトの内容は、塾に来る子どもを道路で待ち安全確保すること、塾講への休み時間のお茶出し、試験監督、テストのまるつけでした。
これらの作業はとても楽しくて拘束時間は長かったですがとても充実してました。
一方同僚にはあまり恵まれていませんでした。

そこでのバイトへの入り方は、希望の日に丸をつけバイトリーダーがメンバを選定し決定するというものでした。

バイトが楽しかったので、私は希望する日にすべて丸をつけました。考えてみればそれが世間知らずだったのかもしれません。

すると、後で別の同僚のバイトのお兄さんに呼び出されてしまい、「俺の入る場所がない、譲れ」と言われました。

遠慮するようにとはリーダーからは言われてませんがと正直にお返事したのがまずかったのでしょう、以来、その人からは目の敵にされバイトに居づらくなりやめることになりました。

後で聞くと、彼はこのようなことを頻繁にしていたようでバイトはクビになったそうです。

初めてのバイトでの人間関係の経験、とても厳しいものでしたが後のためにとても役立ちました。


"